中坊進二の実家周辺の開発状況


街の開発は非常に難しいです。
人が集まれば、駅前は勝手に発展しますが、
人が集まらないといつまで経っても荒野のままです。
そして人を集めるために駅前を開発しますが、
人が居ないので新店舗を起ち上げても
直ぐにシャッター街になってしまいます。



中坊進二の実家の話ですが、駅前はかなりスッキリしています。
立派なタクシー乗り場とバスターミナルがありますが、
タクシーもバスもありません。
タクシー乗り場とバスターミナルが完成して
そろそろ10年は経つみたいですが、
名乗りを上げるバス会社はまだ居ないようです。
と言うのも、道が途絶えているのが原因とのこと。
道路が整備されているのは駅前だけで、
500mも進めば道がそこで途絶えています。
厳密には細い道がいくつもうねっていますが、
バスのような大型車両が通る幅ではありません。
10人程度しか乗れないマイクロバスが通るので精一杯です。
これではバスの運行経路を作ることが出来ません。
ちなみにそのマイクロバスは、
イオンの無料送迎車で中坊進二も時々乗っていました。



中坊進二の実家の最寄り駅は1日1万8000人が利用する中規模の駅です。
自動改札はありますが、売店はありません。
駅周辺はかなりスッキリしており、
東口と西口にそれぞれセブンイレブンと居酒屋が1件ずつあるだけです。
本屋とタバコ屋は最近閉店しました。
中坊進二がかつて通っていたドムドムバーガーも、
今はメロンパン専門店になっているとのこと。



駅前が新しくなって10年経っていますので、
周囲は少しずつ変わっています。
中坊進二の記憶によると、
ここ10年で新しいドラッグストアが1件誕生しました。
逆に言えば、10年間でそれだけの変化しかないのです。
あと、気付かないレベルで家が新築になっているかもしれません。
さすがの中坊進二でも、一般住宅の今と昔は覚えていません。

街と言うものは意外と変わらないものです。
たった10年程度では、
お店が10件中1件変わる程度だと中坊進二は思っています。
ただし、場所によっては屋台のようにコロコロ変わります。
Y字路の先端という好立地ですが、中坊進二の記憶だと、
たこ焼き屋→たい焼き屋→質屋→閉店、とコロコロ変わっています。
今はテナント募集中のようです。
やはり駅前が便利にならないと、人は集まらないのかもしれませんね。



なお、駅前を発展させる方法は簡単です。
国道に繋げれば良いのです。
その駅前から200mほど先に国道が2つあり、
そこと駅前を繋げればアクセスはかなり良くなります。
国道へ通いやすくなれば、
駅周辺に住む人たちも駅前を経由することでしょう。
ただし国道に結ぶためには、
一般住宅を数十軒壊す必要がありますので、そう簡単にはいきません。