中坊進二がハンター試験を受験したら、まず最初の船で脱落すると思う


HUNTER×HUNTERが6月26日に連載再開されることになりました。
中坊進二としては、そろそろワールドトリガーの方も
復活して欲しいと思っているのですが、
まだ病気は完治しないのでしょうか?



フィクションですが中坊進二が考えるに、
最も厳しい試験はハンター試験だと思っています。
あれ以上の理不尽な試験は、他にないと中坊進二は考えています。
死亡率は元より、本当にハンターとしての資質と総合能力が求められるのです。
正直、念能力を極めた程度では、あの試験を突破するのは不可能でしょう。



作中で登場したハンター試験は三回です。
二回目はキルアが無双するという、
理不尽の固まりで何の参考にもなりませんが、
三回目は「スパイは例外なく脱落」という意味不明な理不尽さです。
暗黒大陸を目指す人員を選出する狙いがありましたので、
三回目の試験内容は非常に特殊だったと言えます。
ハンターとしての資質と才能というよりも、
既存のメンバーに組み込んで大丈夫かどうかを選ぶものでした。

一回目は数巻に渡って試験内容が描写されています。
もう十数年前なので、中坊進二は何巻からゾルディック家編が
スタートしたか覚えていません。
6巻か7巻あたりでしょうか?
くじら島から船で出発しますが、あれほどの荒波に襲われたら、
中坊進二はモブと同様にそこで脱落してしまいます。
そもそも「AとB、どちらを助ける?」という問いかけに対して、
正答を選べる方はいるのでしょうか?
確かクラピカは、前の先行者が襲われた声を聴いて、
この問いかけが罠だと気付いたんですよね。
「嘘を見抜く」というのは、ハンターとして重要だと中坊進二は考えます。
ところでこの次の魔獣戦ですが、
アレの本来のクリア条件は何だったのでしょうか?
ゴンは別人というのを見抜きましたが、
本来は普通に倒せばクリアなのでしょうか?
このあたりちょっと気になりますよね。



試験本番の第一試験はマラソンです。
これに関してはある程度の体力があればOKです。
頑張れば中坊進二でも突破できます。
第二試験(前)のイノシシ狩りもそこまで難しいものではないでしょう。
現に全員合格しています。
しかし、第二試験(後)の寿司作りは難解です。
中坊進二は日本人なので、
ハンゾーと同様にプククと笑って調理できますが、
やはり味で落とされてしまうかもしれません。
奇をてらって、玉子でも焼こうかなと中坊進二は考えています。
第二試験(予備)の崖からノーバンジーはそこまで難しくないでしょう。
第三試験の刑務所脱出も、頑張れば出来そうです。
そして第四試験ではハント能力が問われます。
第五試験では、相手を武力で説得する能力が必要ですね。
殺さずに相手に「まいった」させるのは、本当に苦労しそうです。



ハンター試験に比べたら(特に第二試験(後))、
今の日本社会の圧迫面接は非常に天国です。
命の危険ではなく、アレ以上の理不尽さは絶対にないと思います。
例えるなら、警察官採用試験に挑んで、
何故か「うまい寿司を握れ」と言われるようなものです。