中坊進二はマスコミの報道に気を付ける


日本人の7割はマスコミ・新聞紙の情報を信じていると言われています。
と言いつつ、中坊進二もその7割の中に含まれています。
テレビで言っていたのだから真実だと、中坊進二はどうしても思ってしまうのです。
諸外国は全然違います。
アメリカは2割以下、イギリスでは14%の方しかマスコミの情報を信じていません。
マスコミは平気で嘘を付くと、多くの国民が知っているのです。
中坊進二もアメリカやイギリスで生まれたら、疑りぶかくなるのでしょうか?



タイガーウッズが薬物と飲酒運転で捕まったニュースが世界中で話題になったと思います。
しかしそれは完全に嘘で、「運転席で寝ていただけで、運転はしていない」
「薬物はただの鎮痛剤」「アルコール反応は出なかった→
単に寝起きでふらついていただけ」というものです。
一体なにをどうすれば、これを飲酒運転と報じられるのか、中坊進二には理解できません。
もはや、事情聴取として警察車両に乗っただけで、「逮捕」と報じられそうです。
そもそも寝起きでしたら、誰だってふらつきます。
しかも処方薬を4種類も摂取している状態です。
中坊進二も低血圧なので、いきなり起こされて、
片足立ちや歩行テストをされたら、合格できる自信なんてありませんよ。



ナポレオンの名言ですが、
「私は100万の銃剣よりも3枚の新聞を恐れる」というのがあります。
つまり、マスコミというのはそれだけ大きい力を持っているのです。
ほとんど神話の時代の話ですが、
歴史というのは吟遊詩人が作るとも言われていました。
彼らが語るからこそ、歴史は紡がれますが、吟遊詩人に嫌われると、
色々な悪評を流され、それが歴史として記録されてしまうこともあるのです。
歴史は勝者が作るとも言われていますが、
時代や文化によっては、情報を喧伝する方によって作られるのです。



中坊進二がかなり昔に観ていたアニメですが、
テレビ局をテロリストが占拠して特に何もせずそのまま自首したシーンがありました。
その事件を起こした理由ですが、
政治家の汚職事件が新聞紙に掲載されるのを小さくさせるという狙いです。
元KAT‐TUNの田中聖が薬物で逮捕されましたが、もしかしたらコレは、
何かの事件の火消しとして使われていた可能性があるとも、ウワサされています。
手越祐也については結局どうなったのでしょうか?

日本人はとにかく「人を疑うことを知らない」民族だと中坊進二は思っています。
宮崎駿の引退時のコメントも、あれはとあるツイッターユーザーのネタ投稿で、
本人とは一切関係ありませんでした。
にも関わらず、マスコミは本人にきちんと裏付け調査せずに、
宮崎駿本人が言ったものとして報じました。
中坊進二もあのニュースを普通に信じてしまいましたので、
何か真実を見抜く力を身に付けないといけないと、常々感じています。